ワインの選び方、買い方、飲み方

ワインセラー

ワインを好きになると欲しくなるのがワインセラー。
普段よりちょっと高いワインを買い、家に並べておきたい。
そんな夢を実現してくれるのがワインセラーです。
最近では家庭用も充実していますから、決して夢ではありません!

ワインセラー

(1)ワインセラーとは? ワインセラーは、「ワインを適度な温度・湿度に保つためのワインの貯蔵庫」のことです。
ワインは温度変化や振動に弱く、とてもデリケートなアルコール飲料です。買ってすぐ飲むデイリーワインならば問題はありませんが、ちょっと高級なワインを買ったり頂いたりした場合、たいていはすぐに飲まず保管しておきますよね。
ワインが好きになればなるほど、ワインがどんどん溜まっていきます。
しかし、家の中に普通に置いておけば、暑い夏、寒い冬によってワインは味が劣化してしまいます。冷蔵庫に入れておけばコルクが乾燥して、これまたワインが劣化します。

ではどうしたら良いのか?
そう、ワインセラーで保管すれば良いのです。
決して安くはありませんが、ワイン好きなら自宅に1台は欲しいものです!!

(2)ワインセラー、ワインクーラー、ワインラック 似たようなものが並んでいますが、まずワインラックは温度調整はせずただワインを並べて保管しておくラックです。

そして、ワインクーラーは温める機能はなく、冷やすだけの製品です。

最後に、ワインセラーは加温機能も冷却機能も付いた製品です。ワインセラーが最もワインの保管に適しているのは言うまでもありませんね。
ちなみに、ワインクーラーであってもワインセラーと表記してあることおあるので、注意が必要です!
(3)3つの種類 ワインセラーは冷却方式によって3種類に分類されます。その方式によって性質や値段も異なってくるので、しっかりと理解しましょう。

@コンプレッサー方式
冷蔵庫と同じようなコンプレッサーを搭載したワインセラーで、冷却能力が高いので業務用の大型セラーに多く使われています。短所としては、これも冷蔵庫と同じですが、少し音が気になるかも知れません。

Aペルチェ方式
コンプレッサー方式の長所・短所が逆になったのがペルチェ方式です。つまり、音が静かで振動も少ないけど、冷却能力は低いということ。家庭用のワインセラーに多く採用されています。

Bアンモニア熱吸収方式
アンモニアの気化熱によって冷却する無振動・静音で長寿命なワインセラーです。コンプレッサー方式に比べれば冷却能力は低いですが、ペルチェ方式よりは高いと言われています。

(4)ワインセラーのメーカー ファンヴィーノ(日本)
 → 家庭用で人気。

ルフィエール(日本)
 → 気軽に使えるカジュアルワインセラー。家庭用あり。

さくら製作所(日本)
 → コンパクトでインテリア性の高いセラー。家庭用あり。

フォルスタージャパン(日本)
 → 高品質で幅広いラインナップ。家庭用あり。

ドメティック(スウェーデン)
 → 無振動・超静音の環境を実現。家庭用から業務用まで。

スタイルクレア(日本)
 → スタイリッシュな本格ワインセラー。

ユーロカーブ(フランス)
 → ワインセラーのパイオニア。業務用。

アルテビノ(フランス)
 → フランスの老舗トップブランド。業務用。




 ▼トップへ  ▼前へ(ワイングラス)  ▼次へ(その他のワイングッズ)

▲pagetop