ワインの選び方、買い方、飲み方

ワイン用ぶどう品種

世界で栽培されている葡萄のうち、9割はワイン用の葡萄で、1割が生食用だそうです。
日本ではワインよりも普通のフルーツとして食べることが多いので、この事実を知ったとき「へぇー」って思ったのを覚えています。

さて、ぶどうの品種は何万種類もあると言われていますが、
その中でも最も有名で「最初にこれだけは覚えておきたい」というブドウ品種を説明します。

分かりやすくするためにも、かなり主観が入っています。
クレームはご勘弁(笑)!


代表的な葡萄品種

▼カベルネ・ソーヴィニヨン【赤】 フランスのボルドー地方原産の世界で最も有名な黒ブドウです。
カシスの香りと濃厚な味が特徴で、今や世界中で栽培され、高級ワインになっています。
名前が長いので、ちまたでは「カベソー」などと略して呼ばれています。
ただ、カベソー100%というワインは意外と少なく、他のぶどう品種とブレンドされていることが多いです。シャトー・マルゴーなどが有名ですよね。
「やっぱりワインは”重厚”に限る!」という人はカベソー中心にワインを選ぶと良いかも知れません。
カベルネ・ソーヴィニヨンで造ったワイン

▼ピノ・ノワール【赤】 世界一のワイン産地と言えばやっぱり「ボルドー&ブルゴーニュ」ですよね!?そのフランス・ブルゴーニュ地方を代表する赤ワイン用ぶどうと言えば「ピノ・ノワール」。
カベソーと比べると、なめらかでエレガントな味わいです。
カベルネが他の品種とブレンドするのに対して、ピノは他の品種とブレンドされることはなく単独で使用されるのが一般的。ロマネ・コンティとかジャンベルタンとかが有名です・・・名前を出すだけでヨダレものです。
「やっぱりワインは”エレガント”でないとね!」という人はピノ・ノワール中心にワインを選ぶと良いかも知れません。
ピノ・ノワールで造ったワイン

▼メルロー【赤】 フランスのボルドー地方原産の黒ブドウです。
カベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドされていることが多く、辛くて重たいカベルネを柔らかく口当たりを良くしたりする役割りを担ってくれたりします。
メルローで造ったワイン

▼シラー【赤】 フランスのコート・デュ・ローヌやオーストラリアのワインでよく見かけます。色は濃い紫で、味は濃厚かつスパイシーです。
独特な味に虜になるファンも多いようです。かくいう私も結構好きです!
シラーで造ったワイン

▼ガメイ【赤】 日本人が大好きな「ボージョレ・ヌーヴォー」で使われるブドウ品種で、他の品種より早く発芽、開花、成熟します。
フレッシュかつフルーティで軽快な味わいを楽しめるワインになります。
ガメイで造ったワイン

▼ネッビオーロ【赤】 主にイタリア北部で栽培されているブドウ品種で、最高級ワイン「バローロ」「バルバレスコ」の原料になっています。
私見では、ピノ・ノワールを少し男性的にしたのがネッビオーロかなぁと思います。
ネッビオーロで造ったワイン

▼サンジョヴェーゼ【赤】 イタリア中部を代表的するブドウ品種で、有名なワイン「キャンティ」で使われています。
しっかりとした酸味が心地良いワインになります。
サンジョヴェーゼで造ったワイン

▼テンプラニーリョ【赤】 スペインの代表的な赤ワイン用ぶどう品種です。 香り豊かで、果実味、酸味、渋みのバランスが良い味わいのワインになります。
スペインワインも美味くて安い、いわゆる「コスパ最高」のワインが多いですよね!
テンプラニーリョで造ったワイン

▼シャルドネ 【白】 フランスのブルゴーニュ地方原産の白ワイン用ブドウ品種です。
最も有名な白ワインのぶどう品種と言っても過言ではないでしょう。
生ガキとの相性が抜群と言われていますが、クセがなくてコクのある高級白ワインが造られます。
また、シャンパンの原料であることでも知られています。
シャルドネ種で造った白ワインを総称して「シャブリ」と呼びますので、覚えておきましょう。
シャルドネで造ったワイン

▼ソーヴィニヨン・ブラン 【白】 シャルドネ並みに良く見かける白ブドウ品種が「ソーヴィニヨン・ブラン」です。
柑橘類やハーブの香り、爽やかな酸味が特徴です。少々コク、深みに欠けるため、単一品種でワインが作られることは少ないようです。
ソーヴィニヨン・ブランで造ったワイン

▼リースリング 【白】 ドイツを代表する高貴なブドウ品種です。
ハチミツのような味わいが特徴で、爽やかな辛口から甘口のワインまで造られています。
個人的には、辛口だけどほんのり甘味を感じるリースリングの白ワインが好きです。
リースリングで造ったワイン

▼セミヨン 【白】 ボルドーのソーテルヌ地区やグラーヴ地区で用いられる品種です。
セミヨン種は貴腐菌がつきやすく、上質の甘口デザートワイン「貴腐ワイン」で有名です。
日本では「甘い!」と言って敬遠する人が多いですが、ワインの世界にどっぷりと浸かるなら、甘口のデザートワインなども「甘味、果実味、酸味のバランスが絶妙ですね・・・」くらいサラッと言いたいものです。
セミヨンで造った貴腐ワイン



 ▼トップへ  ▼前へ(ワインの作り方)  ▼次へ(ワインの産地)

▲pagetop