ワインの選び方、買い方、飲み方

ワインの種類

ワインにはどんな種類があると思いますか?

まずは、赤、白、ロゼの3種類が思い浮かびますよね。

でも「ワイン学」的には、製造法や原材料により次の4種類に分けられています。

@スティルワイン
  赤ワイン、白ワイン、ロゼワインです。
Aスパークリング・ワイン
  炭酸入りワインで、シャンパンがその代表的なものです。
Bフォーティファイド・ワイン
  ブランデーなどの強い酒でアルコール度数を上げたワインで、シェリーやポートワインが有名です。
Cフレーヴァード・ワイン
  薬草や香辛料を加えたワインで、ベルモットやサングリアが有名。
  食前酒や食後酒として飲まれることが多いです。


一応勉強の意味で基本の4種類を挙げましたが、
実際に日常に飲むのは、赤・白・ロゼ・スパークリングの4種類ですよね。

なので、ここでは、日常4種類に大別して解説していきます。
ワインを購入する時も、まずこの4種類のどれにするかを決めるところからスタートすると思います。

では、ざっとそれぞれの特徴を見ていきましょう。

4種類のワイン

赤ワイン 黒ぶどうから作られた赤いワインで、最も多く店頭に並んでいます。
香りや味わいは白ワインよりも重厚で、肉料理に合うとされ、あまり冷やさずに飲みます。
重厚さを表す単位として、フルボディ、ミディアムボディ、ライトボディがあります。私の見たところ、赤ワインを好んで飲む人はやはりフルボディ派が多いですね。かく言う私もフルボディ派!
→ 人気の赤ワイン
白ワイン 白ぶどうから作られた白いワインです。
冷やして爽やかな酸味や果実味を楽しむのに適していて、一般的には魚料理に合うと言われています。
味の単位は甘口、辛口です。
えてして酒好きは「白は軽くてダメだ!」なんて言う人がいますが、白も奥深いですよ。飲み慣れてくると、爽やかな酸味の奥からほんのりとした甘味や果実味が口に広がり、料理が2倍、いや3倍美味しくなったりしますから!
→ 人気の白ワイン
ロゼワイン 薄いピンクのワインです。香りや味は赤ワインと白ワインの中間で、「白では軽すぎるが、赤では重すぎる」という人に向いていると思います。
色的には一番きれいなので、デートの際にテーブルに出したらオシャレなんじゃないでしょうか。
スパークリングワイン 要するに炭酸ワインのことです。お祝い事のカンパイ等で用いられることが多いです。「スポッ!」と栓を抜く時の音がまた派手で楽しげですよね(本当は音はなるべく出さないで抜くのが正しいのですが)。
私も普段はビールで乾杯しますが、祝い事の日はスパークリングで乾杯しています。

さて、多くの人が混同している誤りですが、「スパークリングワイン=シャンパン」ではありません。
「シャンパン」は、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインです。
「シャンパン」はスパークリングワインの中では最も有名ですが、スパークリングワインには他にもイタリアの「スプマンテ」、スペインの「カバ」などがあります。
スペインのカバなどは、最近日本にもたくさん入ってきていて、値段もお手頃で美味しいです。その辺のスーパーでも見かけると思いますので、よく見てみてください!
十分に冷やして飲むと美味しいですね。
→ スパークリングワイン人気ランキング

以上です。
参考にして飲んでみてください!

あ、それから今のうちに言っておきますが、
「好み」はどんどん変化します。

最初は辛口の赤が好きだったけど、チャレンジ精神でいろいろと飲んでいるうちに、だんだんと爽やかな白が好きになったり・・・。

なのでぜひ様々な種類を飲んでみてくださいね。


 ▼トップへ  ▼前へ(ワインの基礎知識)  ▼次へ(ワインの作り方)

▲pagetop